会社設立を考えている方は注目!

電子定款のほうが4万円お得です

会社設立にあたり従来は紙に印刷した会社の定款を作成する必要がありましたが2004年3月より電子媒体(CD-R)に保存する形式の電子定款の認証が認められるようになりました。

電子定款の最大のメリットは、従来の紙の形式で必要であった4万円の収入印紙を貼らなくてよいと

いう点にあります。従来の紙の形式の場合、公証人の印鑑を押す前に4万円の印紙を貼らないと認証してもらえませんでしたが、電子定款の場合は電子署名という印鑑証明書+実印にかわる方法を使いますので印紙は必要ありません。

このため電子定款のほうが4万円の印紙代を貼らなくていい分設立コストが安く済むように見えますが、事前に「電子署名の付与」を行えるPC環境を設定しておかねばならない点に注意しましょう。

電子署名にはPDF署名プラグインのインストール及びAdobeAcrobat(DC)、マイナンバーカード、ICカードリーダーを使います。

PDF署名プラグインは「AdobeAcrobat」用のプラグインで電子証明書を照合しPDFに電子署名を行うソフトです。これは法務省管轄のサイトである「登記・供託オンライン申請システム」から無料でダウンロードできます。

AdobeAcrobat(DC)はWordなどで作成した定款をPDF化(電子化)するのに使用します。月額、年額がありますが有料になります。

マイナンバーカードは本人の認証用、ICカードリーダーはマイナンバーをPC側に読み込ませるために必要です。ICカードリーダーは1000円~2000円程度で購入可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *