会社設立を考えている方は注目!

電子定款のメリットとは

会社を新規で設立するにあたっては、定款を作成しておく必要があります。

この定款は会社の基本的な事項について定めた書類のことで、以前であればすべて紙ベースで作成することになっていましたが、最近では電子的なデータの形式、すなわち電子定款でも認められることになっています。

このような電子定款を作成する上では、内容はもちろん従来の定款のルールにのっとる必要があるほか、電子署名を付与して真正性を担保しておかなければなりません。

しかし電子定款にしてしまえば、紙の文書としての定款を作成する場合とは違って、印紙税法に定める収入印紙を貼付する必要がなくなるため、会社を設立する際の費用がきわめて安価で済むというメリットがあります。

またあらかじめpdfファイルが作成でき、電子署名までも可能なパソコンのソフトがインストールされていれば、自前でも作成することができる手軽さもポイントになっています。

もっともこのようなソフトが用意できていない場合には、無料でダウンロードできるようなソフトで代替ができませんので、新規で購入する必要が生まれ、かえって紙のものよりも高くついてしまうおそれもあります。

この場合にはすでにソフトをはじめとするさまざまな機材がととのっていて、しかも会社設立などの法律分野にも精通している民間の代行サービスを活用するのが近道です。

こうした民間のサービスは司法書士などの有資格者が携わっていますので、スムーズな手続きができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *