美容外科と豊胸手術後のアフターケア

美容外科での美容整形の中でも、バストアップの手術は女性の大きな関心の的です。
セルフでのマッサージではサイズアップが感じられなくても、美容外科での豊胸手術は、明らかにサイズアップが可能です。

美容外科での豊胸は、ヒアルロン酸を注入する気軽な施術もありますし、2カップ以上のバストアップなら、生理食塩水やシリコンバッグなどのインプラントや、脂肪注入法もあります。



脂肪注入法やインプラントでの施術後には、美しいバストを維持するために、アフターケアも大切になります。手術をしたあとは、14日間位の期間はアルコール摂取や喫煙は控えましょう。


できるだけ規則正しい毎日を送り、健康的な環境にすることです。

インプラントの場合はメスを使った豊胸手術であり、シリコンバッグや生理食塩水やなどを胸の中に入れ込む方法です。

手術には麻酔はありますが、その後には痛みもありますし、抜歯をしたりダウンタイムもあります。

しかし仕上がりに関しては、大変満足感のあるバストを手に入れることになります。豊胸手術後は、いくつかの点を守りましょう。

2週間の筋腫と禁煙をはじめ、ハードはスポーツは控えます。下着に関しては、ワイヤー入りのブラジャーは使用しないことです。
手術を受けたら毎日するのがバストマッサージで、3ヶ月間くらいは継続をする必要があります。

NAVERまとめ情報サイトについて考えます。

手術をしたら終わりにしないで、定期的に医療機関でのチェックを受けることも大切です。

銀座の美容外科に今、注目が集まっています。

見た目のナチュラルさや、自然な柔らかい感触の維持のためにも、毎日のバストマッサージは欠かせないものです。

施術方法にもよりますが、通常であればマッサージは必ず行います。